♡特化ブログ『アラプラ!!』はこちら♡

精神疾患やメンタルが弱っている人に言ってはいけない言葉5選

こんにちは! はなです。

あなたの周りには、精神疾患を抱えている方はいますか?

精神疾患の人の気持ちは複雑で健康な人には理解しにくい場合があります。
また、精神疾患ではなくとも、心が弱っていると些細なことが気になってしまうという人は多いですよね。
何気なく言った言葉で相手を傷つけてしまったり、怒らせてしまうということもあるかもしれません。

こちらの記事では、精神疾患を抱えている人、あるいはメンタルが弱っている人を傷つけてしまう、「言ってはいけない言葉5選」をご紹介します。

はな
はな

・精神疾患の人の
気持ちが知りたい方
・周りの精神疾患の人に
どう接していいかわからない方

の参考になると嬉しいです。

精神疾患やメンタルが弱っている人に言ってはいけない言葉5選

「みんな頑張ってるんだよ」「私だって辛い」

わかってるんです。

みんながんばっていることくらい。

みんながんばっていて、それぞれ辛いことだってありますよね。

でも、そういう問題じゃないんです。

もうどうしようもなく限界なんです。

限界を超えた限界

メンタルが弱ってしまい、うつ病や精神疾患になってしまう人は、真面目で、休むのが下手な人が多い。

とっくに限界を超えてしまっている人が多いのです。

決してその人が、他の人に比べて弱いのではなく、限界を超えてがんばってしまったがゆえに、自分ひとりでは立ち上がれないくらい弱ってしまったのです。

だから、そういう人に、「みんながんばってる」なんて言わないであげてください。

その人もがんばったんです。

自分では戻ってこられないくらいがんばっちゃったんです。

「ちょっと疲れてるだけでしょ?」

ちょっと疲れたくらいで、抗うつ薬なんて飲まないですよーーーー(´;ω;`)

言われたら、「うん、そうなんだよね」って答えますが、内心、そんなわけないじゃんって思っています。

「本当のうつ病の人はもっと辛いはず」

本当のうつ病ってなんですか?

例えば風邪は、鼻水だけでも風邪の場合もあるし、喉が痛いだけでも風邪になりますよね?

必ず熱が出ないと風邪にならない、ということはないですよね?

うつ病やその他の精神疾患も同じです。

症状は人それぞれで、個人差があります。

どんなに症状が軽そうに見えても、心配をかけたくないから元気なフリをしているだけかもしれないので、病気を疑うようなことは言わないであげてください。

「そんなことで悩んでるの?」

悩みは人それぞれ。

精神疾患の人がどんな些細なことに悩んでいたとしても、「そんなこと」なんて言わないであげてくださいね。

あなたにとっては「そんなこと」でもその人にとってはとても重要なことかもしれません。

「精神的に弱い」

精神疾患の人は「私が精神的に弱いから・・・」と自分を責めがちな人が多いです。

それなのに、周りの人から「精神的に弱い」なんて言われてしまっては、さらに落ち込んでしまいます。

病気になって1番苦しいのは本人なので、そっとしておいてあげてください。

☆豆知識☆

実は、精神疾患になってしまう人は、精神的に弱いのではなくむしろ強いそうです。
精神的に強いがために普通の人よりも頑張ってしまい、自分の限界を超えることによって、病気になってしまうのです。

詳しくは、書籍『とにかくメンタル強くしたいんですが、どうしたらいいですか?』をご覧ください。

精神疾患は誰でもなる可能性がある

「私は大丈夫」と思っている人は多いかもしれません。

ですが、精神疾患は風邪と同じで誰でもなる可能性のある病気です。
心が疲れてしまうことは誰にだってありますよね。
その疲れが回復されずに蓄積されてしまい、最終的に病気になってしまうことは誰にでも起こり得ることなのです。

もし身近に病気やメンタルが弱っていて悩んだり苦しんでいる人がいたら、「自分がもし同じ立場だったら」と考え、寄り添ってあげてくださいね。

応援よろしくお願いします(*’ω’*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村