♡特化ブログ『アラプラ!!』はこちら♡

管理人・はな と スピリチュアルについて

こんにちは! はなです。

実は私はスピリチュアルが大好きです。

こんなことを言うと引かれてしまうかな・・・と思い、ずっと隠してきました。

けれど、これからは素直に自分らしく生きていきたい! と思い、思い切ってブログでカミングアウトしてみました(笑)

今回の記事は、私とスピリチュアルについてご紹介します。

スピリチュアルとの出会い

私がスピリチュアルに目覚めたのは物心ついたときから。

気づいたときにはすでに興味があり好きだったという感じです。

もしかしたらセーラームーンの影響かもしれません。

私はセーラームーンの霊感少女・火野レイ(セーラーマーズ)が好きでした。

5歳くらいのころ、おでこの眉間に人差し指と中指を当てて、「はっ!」と声を出し、エネルギーを出す練習をしていました(笑)

周りの友人からは、「何やってるの?(白い目)」と言われていました(´-`)

なぜ今回カミングアウトしたのか

トラウマについて

実は小学生のときに住んでいたマンションは幽霊が出るマンションで、私は少しだけ霊感があるので毎日怖い思いをしていました(実際私たち家族が越してくる前に大家さんがその部屋で亡くなったそうです)。

母に助けを求めても助けて貰えず、ある日「はな は頭がおかしいから精神科の病院に入院させて二度と出てこれないようにする」と言われ、それがすごくショックで、それからは入院が怖くて、母には何もいえなくなってしまいました。

小学6年生のときに戸建てに引越し、そこの幽霊は悪い感じがしなかったので怖い思いをせずにすみました。

最近は雰囲気が悪い・良いとか、気配を感じることはありますが、はっきりみえることはありません。

その経験がきっかけで、「こういうことは人に言ってはいけないんだ」と思い、ずっと自分の心の中に閉じ込めてきました。

スピリチュアルカウンセリングを受けてみた

私は一度スピリチュアルカウンセリングを受けたことがあります。

そのときに小学生の頃に住んでいたマンションの話をしたところ、

「本当に見えてたんだよ」

とその方は認めてくださり、号泣してしまいました。

そのとき、「私、自分で思っているよりもずっと悲しかったんだな」と気が付きました。

言われてみれば、ちょうど母に否定された10歳の頃、初めて自殺企図をしているので、自分では気が付かなかったのですが、相当辛かったのだと思います。

自分の使命

そして自分に合った仕事をみつけたいな、とぼんやり思っていたところ、悠城レニさんの『あなたにしかできない仕事』という本を読み、改めて自分が本当に好きなスピリチュアルや占いついて真剣に向き合ってみようかなと思いました。

自分にあった仕事をみつけたい人におすすめ。数秘術で使命をみつけよう。生きる目的や意味がみつかり人生が輝き始める!!

自分の能力

昔からいろんなことに敏感で、それで助かることもあったり、逆に疲弊してしまうこともありました。

箇条書きで書くとこんな感じです。

  • 東日本大震災が起きた日、本当は会社説明会でしたが、夜中に急に目が覚めて不思議と日程を変更した
  • 人の顔を見て、初対面で話さなくてもだいたいの性格がわかる
  • 仕事をしている際に、人の顔を伺いすぎているのか、その人が何を求めているのかわかってしまい、良かれと思って先回りして準備してしまい気持ち悪がられる
  • 部屋の雰囲気に敏感。悪い雰囲気だと具合が悪くなってしまう
  • 独身時代、家出をし、どうやって家に帰ろうか悩んでいると、祖父が亡くなって帰るきっかけができた。しかも祖父の四十九日が私の誕生日
  • タロットカードで同じ質問を何回もした場合、きちんとシャッフルしても同じカードばかり引いてしまう。他のカードが引けない

他にもいろいろありますが、ざっと書くとこんな感じです。

もしかしたら、もう少し自分の力を磨いたり、占いの勉強をすれば、この能力も人の役に立つことができるのかな、なんてうっすら期待をしています。
(ちょっと胡散臭いな、と自分で思いつつ・・・)

今後について。誰かの役に立ちたい

今後もひっそりスピリチュアルと占いの勉強をしていきたいと思います。
もし活動できるレベルなら、誰かの役に立てそうなら、ココナラなどで活動していきたいと思います。

アパレル会社で働いていた頃は、お客様の役に立ちたい、似合う服を選んであげたいなんて全然思ったことがなかったのですが(プロ意識ゼロ)、スピリチュアルや占いに関しては、その力で誰かの役に立ちたいと思えるから不思議です。

ブログにもスピリチュアルや占いに関して発信できることがあれば記事にしていこうと思います。

それではこれからも【こじらせ主婦の部屋】をよろしくお願いいたします(*’ω’*)