♡特化ブログ『アラプラ!!』はこちら♡

自分にあった仕事をみつけたい人におすすめ。数秘術で使命をみつけよう。生きる目的や意味がみつかり人生が輝き始める!!

こんにちは! はなです。

私は小学生の頃から「なんで自分は生きているのだろう」と漠然と考えていました。
(子供らしくないですよね・・・)

その疑問の答えは大人になってもみつからず、ずっと答えを探し続けていました。

しかし、最近ふらっと立ち寄った書店でその答えを導き出せる本に出会えたのです。

それがこちら↓

『あなたにしかできない仕事』

数秘術研究家の悠城レニさんが書いた本なので、バリバリ占いの本なのかと思いきや、あまり占い感のない本でした。

なので、

「占いには興味がない」
「占いに抵抗がある」

そんな方にも読んでいただける本です。

はな
はな

・自分にあった仕事をみつけたい
・自分の使命を知りたい
・自分はなんで生まれてきたのだろう? と疑問に思ている

そんな方におすすめの本です!

私もまだこの本を読んで日が浅いですが、なんと使命らしきものをみつけられました!
みつけられたときの、「これか!!!」という感覚には、とても感動しました。

この記事では『あなたにしかできない仕事』の魅力についてご紹介しているので、ぜひ参考になると嬉しいです(*’ω’*)

『あなたにしかできない仕事』

著者紹介

書籍『あなたにしかできない仕事』を書いた悠城レニさんは数秘術研究家。

「個人の再生」と「家族の再生」をテーマに数秘術研究家として活動しているそうです。

ジャカルタで日本語教師をしたり、日本では書店員として働いていたり、最初は全く「数秘術研究家」とは違う職業をしていたようです。

そんな悠城レニさんの本当にやりたかった仕事は「マンガ家」。

意外ですよね。

それでも悠城レニさんにとって「使命」といえる仕事は数秘術研究家であって、マンガ家ではないことが本書には書かれています。

詳しくは『あなたにしかできない仕事』を読んでみてくださいね。

書籍『あなたにしかできない仕事』の魅力

ワークが少ないのに結果がしっかり出る

本に書いてあるワークは2つ。

それもワークと呼んでいいのかわからないくらい簡単なものです。

ひとつは「ライフ・タイムライン」というもので、私も実際にやってみました。

下記に実際にやってみた画像を掲載しているので、よかったらご覧下さい。

読みやすい文章

文章がとても読みやすい!

どこが大事な箇所なのか、というのがわかりやすく、読書が苦手な方でもスラスラ読んでいただけると思います。

数秘術の本なのに占い感が薄く、手に取りやすい

こちらの本は書店の占いコーナーにあったのですが、全く占い感がなく、占いが苦手な方でも手に取りやすい本だと思いました。

まず、タイトルからして占いの本だと言われないとわからないですよね(^^;)

それでも書店では手に取りにくい、という方は、ネットで買うのもおすすめです。

数秘術を簡単に学べる

とても簡単ですが、数秘術について書いてあり、少しだけ数秘術について学ぶことができます。

私はもともと占い好きですが、実際に自分で数秘術に必要な数字を計算してみて、数秘術のことをもっと知りたくなりました。

私も実際にワークをやってみました

ライフ・タイムラインの作成

実際に本に掲載されていたワークをやってみました。

少し恥ずかしいですが、私のライフ・タイムラインを公開します。
灰色にぬりつぶされている年はどん底期です。

こうしてみると、どん底期が多いですね(;^ω^)笑

作成してみて気付いたこと

本書には、

使命に育つには一定期間の「継続」が必要になります。
継続すると、やり続けてもまったく人から求められないものと、すぐに求められるものにわかれてきます。

書籍『あなたにしかできない仕事』より引用

と書いてありました。

私が作成したライフ・タイムラインには書ききれなかったので書いていませんが、私は今まで、

  • 小説執筆(12年間)
  • 読書(18年間)
  • スピリチュアルに関する本を読む(13年間)
  • 占い(19年間)

と10年以上続けているものがあります。

スピリチュアルは物心ついたときから(5歳とか)から興味があり、だいたい18歳くらいのときから精神世界の本を読み漁ってきました。
(スピリチュアルについては、今度ブログに書いてみようかなと思ってます・・・)

占いは12歳からタロットカードに触れてきました。

また、読書は13歳から、小説執筆は19歳から続けています。

こうしてみると好きな物に巡り会えたのが比較的早く、続けられてきた人生なんだなと思いました。

そして、私は心理的虐待を受けて育ったという経験があります。

それを踏まえて自分の使命について考えてみました。

私の使命

ライフ・タイムラインは10年間を振り返るものですが、作成したことでそれよりももっと前の過去のことも考えるようになり、自分なりに「これが私の使命かな?」というものをみつけることができました。

ライフ・タイムラインを作成したことによって、私は言葉によって傷つけられ、言葉によって救われてきた人生だと気づくことができました。

なので私の人生のキーワードは

『言葉』

なのかな、と思います。

ずっと小説を書くことが好きで、小説家になりたいと思ってきましたが、その成果はちょっとした文学賞の最終選考に残り、作品が文学誌に掲載された程度です。

なので、小説家になることは私の使命ではないのかな、と思いました。

一時期、「小説家は私の天職!」なんて思いながら小説を書いていた頃もありましたが、あれは執着だったように思います。

そして、現在ブログに挑戦しています。

ブログが使命かどうかまだわからないのですが、いろんなことに興味があるので、様々なことを発信できる雑記ブログは自分にあっているのかも、と思っています。

占いやスピリチュアルについては、実は人に言うのが恥ずかしくてずっと秘密にしてきました。
なので人に求められるものなのかどうかもわかりません。

正直、すぐに答えが出るものではないですね(^^;)

もう少しブログを続けてみて、自分なりの答えが出るといいなと思いました。

一度きりの人生。自分のことを深く知り、本当にやるべきことをみつけよう。

一度きりの人生なので、自分にあった仕事、自分の天職に巡り会えたらとても素敵ですよね。

私も一度きりの人生をハッピーに生きられるように、これから邁進していきたいと思います!

とてもおすすめの本なので、よかったら『あなたにしかできない仕事』を読んで自分の使命と向き合ってみてくださいね♡

『あなたにしかできない仕事』

応援お願いします♡

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村