♡特化ブログ『アラプラ!!』はこちら♡

機嫌が悪い自分を何とかしたい・・・。自分の機嫌の取り方

こんにちは! はなです。

機嫌が悪くイライラしてしまうことって、
誰にでもありますよね。

私は毎日のようにあります。

そんなあなたに、こちらの記事では、
「自分の機嫌を取る方法」をご提案します。

はな
はな

簡単にできるもの

ばかりなので、

ぜひ、試して

みてくださいね!

自分をご機嫌にする方法

マニキュアを塗る

「マニキュアを塗る」と聞くと、
女性だけかな?
と思うかもしれませんが、
最近は男性も塗る方がいるみたいですね。

爪をキレイにすると、
とても気持ちが上がるので、
男性の方も挑戦してみてはいかがですか?

ネイルネイルの補強コートは
控えめにツヤ感を出してくれて、
さらに爪の補強もしてくれます。

女性だけでなく、
男性にも使っていただける
商品だと思います。

爪がきれいな男性って
清潔感があって
とても素敵だと思いますよ(*’▽’)

もしよかったらチャレンジしてみてくださいね♡

ハンドクリームを塗る

ハンドクリームを塗るのもおすすめです!

最近は香りの良いものが多く、とても癒されますよね。

一緒にハンドマッサージをやると、
さらにリラックスでき、イライラ解消に効果的です。

私のおすすめは「THE BODY SHOP」のハンドクリームです。

特にストロベリー ピンクグレープフルーツ の香りがおすすめ。

ストロベリーの香りはこちら

ピンクグレープフルーツの香りはこちら

また、「THE BODY SHOP」のハンドクリームは
ちょっとしたプレゼントにちょうどいいんです。

私もこの間従妹にプレゼントしました♡

香りを味方につける

上記のハンドクリームも含め、香りを味方につけてリフレッシュするのも効果バツグンです。

  • 香水
  • アロマ
  • ハンドクリーム
  • お香
  • ヘアミスト
  • ネイルオイル

自分に合った香りや方法をみつけてリフレッシュしましょう(^^)

甘いものを食べる

甘いもの、と書きましたが、
甘いものが苦手な方は好きな食べ物でOKです。

本当は甘いものが大好きなのに
ダイエット中だから我慢している・・・

そんな人はイライラしているとき限定で
甘いものを解禁してもいいと思いますよ。

ストレスはダイエットにも逆効果。

楽しく健康的にダイエットするなら、
ストレスをためない方が、
最終的に良い結果に繋がりますよ。

好きな曲を流す

好きな曲や癒される音楽を聴く。

今の時代、YouTubeでも
気軽に音楽を聴くことができますよね。

イヤホンをつけて音楽を聴きながら、
自分の世界にこもって、
心を落ち着かせるのもいいと思います。

心が安らかになりますよ。

私のおすすめは『聴くだけで心と体が整うレイキヒーリングCDブック』です。

以前勤めていた会社を辞める際に
プレゼントしていただいたのですが、
癒される音楽でとても気に入っています。

CDブックなので、
レイキのやり方や自分の癒し方も
学ぶことができ、
とてもおすすめです。

何をしてもご機嫌になれない場合

その気分にどっぷり浸かる

その気分にどっぷり浸かって、
感情に浸ってみるというのもひとつの手です。

ご機嫌にはなれないかもしれませんが
冷静に、フラットな気持ちに
戻ることはできるかもしれません。

いったん違う場所に行く

どこかひとりになれる
静かなところに行きましょう。

そこでゆっくり深呼吸してください。

冷静になると
だんだん心が落ち着いてきますよ。

思い切って寝てしまう

これは必殺技です!

必殺! 寝る!!

寝ることは、強制的に機嫌の悪さと
距離を置くことができるのでおすすめです。

起きてみたら、
あれ? そんなにイライラすることだったかな?
なんて場合もありますよ。

カウンセラーや医師に相談する

どうしてもイライラがおさまらない・・・

そういう場合はストレスがたまりすぎて、
爆発寸前という場合もあります。

その場合は、
医師やカウンセラーなど
専門家にきちんと相談することをおすすめします。

そのほうが早く解決することもありますよ。

ひとりで抱え込まず、誰かに頼ってみましょう。

慣れると自分の機嫌を取るのが当たり前になってくる

最近私は機嫌が悪くなると
「自分の機嫌は自分で取る」
という言葉が自然と頭に浮かびます。

そうすると、「何とかしないと」
という気持ちにもなり冷静になれます。

毎回すぐに機嫌を良くすることが
できているわけではありませんが、
少し意識し、工夫するだけで、
不機嫌な状態を短縮することができます。

感情という「赤ちゃん」をうまくコントロールしよう!

ずっと不機嫌のまま過ごすのって自分も嫌だし、
周りの人にも嫌な思いをさせてしまう可能性がありますよね。

自分で機嫌を取ることは
感情という「赤ちゃん」をなだめるようなもの。

自分の赤ちゃんを責任を持ってあやすイメージで
自分の機嫌と上手に付き合っていきましょう。